はじめに

 脳卒中片麻痺の麻痺肢の治療法は、さまざまなものが提唱されており、百花繚乱であります。しかし、いずれもエビデンスを得るには至っておらず、その治療成績はグレーな状態であります。その中で、鹿児島大学医学部名誉教授、霧島リハビリテーションセンター元センター長の川平和美先生が発案した促通反復療法(川平法)は、唯一エビデンスが得られており、軽・中度の麻痺に対して優れた治療効果が得られています。2011年9月のNHKテレビ放映をきっかけに、一般の方々の知るところとなり、治療希望者が増えております。しかし、高まる需要と裏腹に、実施できる療法士の数が限られており、実施している病院も非常に少なく、特に近畿圏では見当たらない状況であります。そこで、奈良川平法研究会を設立し、奈良県を中心に近畿圏において川平法を普及させ、その需要にこたえるべく個々の資質の向上に努めたいと考える次第であります。

 以上、奈良川平法研究会の趣旨にご賛同いただき、皆様方のご理解とご協力をお願い申し上げます。

 

平成27年6月吉日

                        奈良川平法研究会 会長  石川 定